愛媛県西条市の外壁・屋根リフォーム専門店【(有)松本スレート興業】

お電話でのご予約・お問い合わせ

0800-200-1126

無料お見積りはこちら
お申し込みフォーム
HOME > 外装リフォーム豆知識 > 住まいの資産価値の最大化

住まいの資産価値の最大化

美しく塗り替えて資産価値を再確認

外壁リフォームの最大の目的は素材保護と美観保持です。この目的をはたすには、家を風雨や紫外線から守ることがなにより重要になりますが、高額な費用を捻 出するのには躊躇してしまいますし、10年もすればかつて抱いていた思い入れや愛着も薄れてきてしまいます。ただ、好みの色に塗り替えて新築時のような印 象がよみがえると、家の資産としての価値があらためて確認できるようになるのです。

 

資産価値最大化のキモは計画的なメンテナンス

木造住宅は10年が経過すると家としての価値がゼロになってしまいます。また、20年以上が経過すると、外壁・屋根リフォームの有無で家としての価値が まったく変わってきてしまいます。外装リフォームをしていた場合は水まわりなど内装リフォームをいくらかすれば商品となりますが、外装リフォームをしてい なかった場合は解体し更地にして売却されるケースが増えています。売却せずに長く住みつづけていく場合は、塗装などが定期的にしてあれば維持管理が簡単で すが、20年も30年もほったらかしにしていれば、かなり高額な費用をかけて下地から貼り替えをおこなわなければなりません。家は家族にとって最大の財産 ですから、しっかりと計画的にメンテナンスをしていきたいものです。

 

 

← 屋根は塗る時代から貼る時代に | ハウスメーカーの巧罪

Copyright © (有)松本スレート興業 All rights Reserved.