愛媛県西条市の外壁・屋根リフォーム専門店【(有)松本スレート興業】

お電話でのご予約・お問い合わせ

0800-200-1126

無料お見積りはこちら
お申し込みフォーム
HOME > 外装リフォーム豆知識 > 屋根は塗る時代から貼る時代に

屋根は塗る時代から貼る時代に

屋根塗装がもつのはたったの10年

スレート屋根は約10年を経過すると、既設の塗装がめくれ、防水性が低くなってきます。それによって、反り、割れ、基材自体のダメージといったトラブルが 発生し劣化がすすむため、定期的に塗装するケースが多くなっています。わたしたちも多くの施工をおこなってきましたが、結論を申しあげると屋根塗装は長持 ちしません。外壁塗装は材料と技術の進歩により、15~20年はもつようになってきましたが、屋根塗装は10年ももたないのです。とくに、積雪の多い寒冷 地においては、下地の傷み具合にもよりますが5~10年しかもちません。塗装といえども決して安価ではありませんから、長い目で考えると塗装以外の選択を したほうがよさそうです。

 

補修いらずの屋根にする “金属ルーフ重ね貼り

そのような現状があるなかで、わたしたちが提案するのはカバー工法による金属ルーフの重ね貼りです。最大の価値は、寒冷地においても、いちどの施工でメン テナンスフリーになること。また、長期にわたって屋根を保護するだけでなく、すぐれた断熱性能を発揮するので、夏は涼しく冬は暖かく過ごせるようになりま す。イニシャルコストは塗装の倍以上ですが、ランニングコストは確実にリーズナブルです。屋根リフォームをお考えの際は、ぜひいちど、カバー工法による金 属ルーフの重ね貼りをご検討ください。

 

 

← 我が家は塗装?サイディング? | 住まいの資産価値の最大化

Copyright © (有)松本スレート興業 All rights Reserved.