愛媛県西条市の外壁・屋根リフォーム専門店【(有)松本スレート興業】

お電話でのご予約・お問い合わせ

0800-200-1126

無料お見積りはこちら
お申し込みフォーム
HOME > 外装リフォーム豆知識 > 業界の悪しき風習

業界の悪しき風習

トラブルのもとになっている分業制

外壁リフォームや屋根リフォームでトラブルが頻発する理由のひとつに業界の風習があります。建築業界はいわゆる分業制をとっており、例えば、家1軒を建て るために、大工はもちろん、基礎、配管、左官、板金、電気設備など、様々な業種の業者が関わります。あらゆる施工ができるという業者は皆無で、それによっ て専門性を維持・向上しており、大半がハウスメーカーなどの下請けとして仕事をこなしています。

 

不安がつきない外装リフォーム業者選び

増改築や水まわりリフォームでは建築士を含め多くの業者は専門性がもとめられる仕事を請け負いますが、外壁リフォームや屋根リフォームでは業者は調査をし たり見積もりをとるばかりで、素人同然のブローカーが利益を上乗せしたうえで仕事を請け負います。とはいえ、職人に直接依頼するのはサービスや対応に不安 を感じますし、事業規模が小さかったり会社組織になっていないため、工事が完遂できるのか、アフターメンテナンスが受けられるのか、保証システムがとと のっているのかなどにも不安を感じます。

 

選びたいのは自社管理施工ができる会社

つまり、目指すべきは、自社で工事を完遂できる会社組織です。しかし、外壁リフォームや屋根リフォームの専門的な知識・技術・経験をそなえた会社は現状ほ とんど存在せず、専門家として活躍している個人というのもあまり聞いたことがありません。ゆえに、わたしたちは外装リフォームによって家を守っていくべ く、より広く深く安定的に事業を展開し、お客様の信頼を勝ち得ていきたいと考えています。

 

 

 

建材メーカーの巧罪 | これからの工事店のあるべき姿

Copyright © (有)松本スレート興業 All rights Reserved.