愛媛県西条市の外壁・屋根リフォーム専門店【(有)松本スレート興業】

お電話でのご予約・お問い合わせ

0800-200-1126

無料お見積りはこちら
お申し込みフォーム
HOME > 外装リフォーム豆知識 > 建材メーカーの巧罪

建材メーカーの巧罪

短期間で劣化する窯業系サイディングボード

住宅の外壁材として広く普及している窯業系サイディングボード。施工性にすぐれていることにくわえ、石目調やタイル調といった疑似模様がつくれ、意匠性に すぐれているのも魅力です。しかし、この窯業系サイディングボードには問題もあります。(有)松本スレート興業では約45年にわたり数千件の窯業系サイディングボード の外壁リフォームをおこなってきましたが、早いものでは建築後5~6年で、割れ、反り、チョーキングなどのトラブルが発生しています。家の耐久性を維持す るためには、かなり早い時期に塗り替えをおこなって外壁の防水性を高めるしかありません。かといって、日本全国に大量に流通してしまった粗悪な外壁材をつ かっていては意味がありません。もともと安価なのだから仕方がないというのではなく、世の中にだす以上、メーカーには大きな責任がありますし、それを安く 買い叩いて販売したハウスメーカーや建築会社にも大きな責任があります。北陸や東北といった寒冷地では事態はさらに深刻です。建築後10年もすれば凍害に よる爆裂をおこして内部からボロボロになり、貼り替えるしか方法がないくらいに傷んでしまいます。本来であればハウスメーカーや建材メーカーが無償で貼り 替えをおこなってもいいのではないかと思うほどです。残念ながらそんな良心的なメーカーがあると聞いたことはありません。選択を失敗してしまった消費者に ツケがまわってくるのが世の常のようです。

 

いまだ10年ごとの防水塗装がかかせないストレート屋根

屋根にも同様の問題があります。現在、コストをおさえるため、屋根はスレート屋根が主流になってきており、伝統的な瓦屋根などは減少してきています。日本 でスレート屋根が普及しはじめて約40年ですが、いまだ根本的な性能の向上はみられません。防水塗装を施さなければ建築後10年で屋根材に重大な損害を与 えてしまうレベルです。また、15~20年放置した場合、100万円以上をかけて屋根の葺き替えをおこなわなければ、家の耐久性を維持できないケースも多 くあります。ローンを組んで家を建てた子育て世代に、10年後や20年後、外壁や屋根のリフォームで何百万円もポンと支払える家族がどれだけいるでしょう か? 建材メーカーもただ売ればいいというのではなく、家の耐久性をいかに長く維持するかを最優先事項として研究開発をしてほしいと思います。ハウスメーカーや 建材メーカーが提供する商品の品質が向上しなければ、(有)松本スレート興業の外装リフォームの技術や経験がますます発揮されるだけです。しかし、わたしたちはメー カーの商品や姿勢を徹底的に調査し、信頼できると判断したところとしか取り引きすることはありません。

 

 

 

ハウスメーカーの巧罪 | 業界の悪しき風習

Copyright © (有)松本スレート興業 All rights Reserved.