愛媛県西条市の外壁・屋根リフォーム専門店【(有)松本スレート興業】

お電話でのご予約・お問い合わせ

0800-200-1126

無料お見積りはこちら
お申し込みフォーム
HOME > 現場日誌ブログ > 雨の多い日に雨漏り  西条市 雨漏り調査に行ってきました!

雨の多い日に雨漏り  西条市 雨漏り調査に行ってきました!

2017-07-07
西条市 雨漏り 

西条市 新居浜市 雨漏り 外壁リフォーム 外壁塗装

ガイソー愛媛東店

こんにちは!

台風も過ぎ去り西条市では大きな被害もなく良かったです^^

 

さて、この時期のお問い合わせ率No. 1雨漏りのお問い合わせをいただきましたので

現場にお伺いしてきました!

お客様のお家が弊社から車ですぐのところでしたのでお電話から10分ほどで現地に到着です。

 

 

お客様にお話を詳しくお聞きして天井裏の確認をさせていただくことに。。

IMG_3221

早速発見ですね^^;

この下の天井部分のクロスが剥がれてきて雨漏りに気がつかれたそうです。

雨が降るたびに少しづつ内部に漏水していたようです。

 

屋根にも上がって確認してみました!

 

IMG_3184 IMG_3185

 

IMG_3195 IMG_3188

 

屋根は一見綺麗に見えましたが10箇所ほど割れ、棟板金の納まりもあまりよろしくない状態です。

極め付けは屋根塗装後の縁切りという工程が行われずにそのまま仕上げられていました。。。

スレート瓦(コロニアル瓦)などは塗装してから雨漏りしたと言うお話をよくお聞きします。

 

その原因は『縁切り』という工程が行われていない場合がほとんどです。

屋根の構造上、カラーベストやコロニアル瓦の場合縁切りが必要になる場合が多いです。

 

あまり聞きなれない縁切りって?

◉屋根は一枚一枚が重なり合った状態で全体的な『屋根』を形成しています。

 重なり合った部分には、ちょっとした隙間があります。

 この隙間は『雨水を排出するため』屋根にとっては重要な役割をしています。

 屋根塗装をすると屋根が重なり合った部分の重ね目の隙間が塗料で埋まってしまうと

 雨水などの水分がどんどん内部に浸透してしまう毛細管現象が誘発されてしまう可能性が

 高くなります。縁切り作業がきちんと行われない場合には、屋根の地盤が腐りやすく

 室内への雨漏り原因になってしまうことがあります。

 塗料が埋まって隙間を塞ぐことで、屋根や住宅に様々なリスクをもたらしてしまいます。

 例えば、

 通気性が失われ、水分と湿気がこもった屋根となりどんどん老朽化してしまいます。

 最悪の場合、屋根全体を下地から取り替えないといけない場合もあります。

 そのため塗料が埋まった部分を専用の道具で隙間をもとに戻す作業が必要となり

 これを『縁切り』と言います。

 

簡単な説明でしたが縁切りの工程がいかに大切かお分かりいただけたでしょうか?

今回のお客様の屋根を少しだけ剥がしてみると。。。

 

IMG_3219 IMG_3217

屋根の重なりの部分にびっしり塗料が入り込み、

雨水の排出路を閉じてしまっている状態でした。

写真でもわかるように雨水が溜まっていたところがシミになっています。

排出路がないと大雨の際、瓦の幅を超えて雨水があふれてしまい内部に漏水→雨漏りという

ことになってしまいます。

 

今回のお客様の場合、屋根の縁切り、谷樋接合部の防水処理で雨漏りを止めることができました。大きな工事になってしまう前にご連絡いただけて良かったです。

 

これから台風シーズンで大雨、暴風が吹き荒れる季節になります。

皆様のお家の屋根・外壁の状態は大丈夫でしょうか?

 

ガイソー愛媛東店ではお家の状態の無料診断を行っております!

お電話、HPよりお問い合わせ頂ければ担当スタッフが駆けつけます!

みなさんのお悩みをお聞かせください‼︎我々が解決致します!

お問い合わせはコチラ!

TEL:0800−200−1126  ガイソー愛媛東店

HP  :www.39gaiso.com

 

 

有限会社 松本スレート興業

ガイソー愛媛東店

ベンジャミンムーア愛媛ブランドショップ

 

 

 

 

 

Copyright © (有)松本スレート興業 All rights Reserved.