愛媛県西条市の外壁・屋根リフォーム専門店【(有)松本スレート興業】

お電話でのご予約・お問い合わせ

0800-200-1126

無料お見積りはこちら
お申し込みフォーム
HOME > 現場日誌ブログ > 新居浜市 外壁通気施工工事

新居浜市 外壁通気施工工事

2017-07-01
20170630-164654.jpg

新居浜市 外壁通気工法施工工事

 

 

 

 

新居浜市のお客様の新築工事で外壁の通気胴縁の施工をおこなっています。

 

住宅保証機構の設計施工基準では、サイディング材を用いた外壁には

 

通気構法を採用することを原則としています。

 

なぜかというと もしサイディング材の接合部などから

 

雨水が浸入したとしても、中の防水紙によって浸入を止め、

 

そのまま通気層から外部へ排出するためです。

 

保証機構は、外壁の表面で1次防水し、通気層で2次防水する。

 

この通気構法はサイディング工事の基本です。

 

 

20170630-164654.jpg

 

 

外壁通気工法は、壁の中の空気が流れるようにすることですね。

 ということはもちろん、空気が入る所と空気が出て行くところが無いといけません。

 空気の入口は、サイディングの最も下面に隙間があけられ

 

空気が入るようになっているかどうかがポイントです。

 

そして、空気の出口はサイディングの上で空気を抜きますが

 

一般的には軒裏などに換気口などを設けて、壁内の空気を放出します。

 

 

外壁通気工法をよく理解していない会社さんや職人さんが行うもっとも多い間違いは、

 

空気の通路を遮断してしまうことです。

 

住宅には必ず窓がありますが

 

この部分もきれいに空気が流れる経路を設けないと

 

折角の外壁通気工法が効果を発揮しなくなります。

 

 

20170630-164659.jpg

 

 

 

 

まずは 日本窯業系外装材協会【NYG】会員でもある

有限会社松本スレート興業へご相談ください。

 

 

 

logo

ガイソ―愛媛東店

 

 

 

※次回は 本窯業系外装材協会【NYG】についてお話いたします。

 

Copyright © (有)松本スレート興業 All rights Reserved.